未来のために、今やるべきことがある

Think Globally Act Locally
限りある資源、壊れかけた地球。私たちは気づかないうちに未来を脅かしています。私たちの子供、将来生まれてくる新しい命、そして地球温暖化に苦しんでいる人達のために、今何ができるのでしょうか。 森や海や空、地球に はまだまだ美しい自然が残されています。 株式会社エコワスプラントは産業廃棄物処理業を通し、責任のある未来を次代に残すために、下記のような環境活動に取り組んでいます。

毎週月曜日は「環境の日」

毎週月曜日(休日の場合は翌営業日)は朝8時から近隣清掃、場内整理・整頓・清掃、事務所一斉清掃を行なっています。

毎月第1月曜日は「感謝の日」

毎月第一月曜日は、地域への感謝の日とし、近隣工業団地の一斉清掃を行っています。

カーボンオフセットの取り組み

地球環境保護のためカーボンオフセットに取り組んでいます。中間処理に伴い発生するCO2をオフセットするため、微力ながら電力使用により発生したCO2総発生量の6%にあたる排出権クレジットを購入し、オフセットや、「カーボンフリーコンサルティング社」を通じ、カラマツの植林活動を実施するなど、持続可能な社会に向けた取り組みを行っています。

カラマツの植林

モーダルシフトの推進によるCO2の削減

中間処理後の廃棄物が広域移動される場合には、可能な限り輸送を鉄道・船舶輸送にて行なっています。

再資源化の推進

安易に焼却・埋立処理に搬出せず、リサイクルできる廃棄物はリサイクルし、CO2の削減、資源有効利用の促進、土壌汚染等の環境負荷を防止しています。

低公害車の導入

運搬車両から営業車輌、工場重機まで、低公害車を使用し、Nox・PMの排出抑制、CO2の削減に取り組んでいます。ドライブレコーダーによる安全・エコドライブ管理も徹底して行っています。

環境活動への積極参加

社員一同「Fun to Share」に参加し、クールビズ、ウォームビズをはじめとするCO2削減活動に努めています。また、同業者と連携し、「ビーチクリーン活動」等の環境活動にも参加しています。

エコアクション21 環境方針

基本理念
株式会社エコワスプラントは、産業廃棄物収集運搬・中間処理業を通し、資源循環型社会構築へ貢献し、環境を創造する企業をめざします。
方針
  • 環境経営システムを活用し、環境経営を積極的に推進し、環境負荷の継続的改善に努めます。
  • 当社業務に適用される環境関連法規等を遵守します。
  • 当社の産業廃棄物処理業という事業特性を踏まえ、以下の環境活動に重点的に取り組みます。
    1. エネルギーの使用量を削減し、地球温暖化防止のために二酸化炭素の搬出削減に努めます。
    2. 自社廃棄物の搬出量の削減、リサイクルの推進に努めます。
    3. 節水を徹底し、排水量の削減に努めます。
    4. 地域へ影響を与える悪臭・振動・騒音の発生防止に努め、環境美化を積極的に推進します。
    5. 受託廃棄物のリサイクル率向上に努めます。
  • この環境経営システムの機能を有効にする為に社内体制を確立し全従業員への環境教育・啓発に努めます。
  • この環境方針を実現する為に、環境目標を設定し、定期的に見直し環境改善に努めます。

エコ検定推奨

社員がエコピープルとなるよう「エコ検定」受験を推奨し、環境意識の高い社員を養成しています。

グリーン購入

循環型社会推進のため、社内備品・事務用品は「グリーン購入」を行なっています。

施設の環境管理

定期的に振動騒音測定、粉塵測定を行い施設の環境管理に努めています。

処理施設維持管理状況コチラ

環境レポート

平成27年度の弊社環境レポートはコチラよりご覧いただけます。

環境レポート